イベントコンパニオンあるあるにもめげません

四国は本土とは違って、田舎であり大自然だけが取り柄

私は四国の片田舎の出身の女性です。
四国は本土とは違って、田舎であり大自然だけが取り柄とも言えます。
小さいころから海や山で走り回りおてんば娘として育ってきました。
自然こそがお友達で、マイナスイオンに抱かれ緑や海の風景に癒されストレスフリーに生きる事こそが幸せであると、子供心に感じているところがありました。
小学校でも中学校でも勉強はそっちのけで、友達と野山を駆け巡り遊ぶことが大好きでした。
中学校ではサッカー部に入り、女子サッカーをするお転婆ぶりで母から女性らしくなりなさいと注意を受けるほどでした。
男子からも恩案お子として扱われることなく、男の子同然の扱いでじゃれあって遊んでいました。
私も男子を男性と意識したことはなく、恋愛に本当に疎い方でした。

四国は本土とは違って、田舎であり大自然だけが取り柄 | さらに美しく洗練された女性になるため東京に上京することを決意 | 求人誌で見たイベントコンパニオンに興味を持ち、応募することにしました