飼い主が呼んでも無視をするペットの気持ち

ペットの気持ちガイド 飼い主が呼んでも無視をするペットの気持ち

ペット思っていることが分かればもっと良い関係になれるのにと、日々ペットの気持ちを理解したいと努力している飼い主さんもいらっしゃいます。ペットの気持ちを知りたいと思う中でなぜ名前を呼んでも無視をすることがあるのだろうと思ったことはありませんか?

普段は反応があるのに無視するときというのは?

普段は名前を呼んでももちろんすぐに反応があって飼い主の方に来てくれる、来ないにしても何らか顔をこちらに向けるなどしてくれるのに、名前を呼んでも無視して知らん顔していることってありませんか?

ペットにそっぽを向かれて無視されているとき、これはどういうことなのか知りたいですよね。

飼い主に呼ばれても無視するペットの気持ち、これにももちろんちゃんと理由があって無視をしているにも理由があり、無視される理由もあるのです。

その理由は必ずこれだと断定することができるものではないのですが、何らかの理由は必ずありますので、もし無視されているのであれば心当たりがないか考えてみると良いのかもしれません。何らかの反応がないということが既に反応です。なにかに反応して無視をしているのだ、無視されているのだと理解したほうがいいでしょう。

ペットが何かに夢中になっている時に呼んでいませんか?

一つ考えられることがあり、それは食事をしているとき、遊んでいるときなどペットが何かに集中している時にあえて名前を呼んでいませんか?

誰でも言えることですが何かに集中しているときに名前を呼ばれたって当たり前のことですが聞こえるはずがないのです。聞こえていない可能性が高いですから、無視をしようと思っていなくても無視したようになっているのかもしれませんね。

いつのタイミングで声をかけているのか、無視されたときはまず考えてみましょう。あなたの声のかけ方が悪くて聞こえていない可能性があります。

すねている何か不満があって向いてくれない

無視している理由として何かすねている、不満があって起こっているというケースもあります。

飼い主が普段からいい加減にしか接していなければ、それはペットにも伝わりますしペットも、いい加減にしか接してもらっていないのだと気がつきますので、拗ねるでしょう。

ちど拗ねると、名前を呼んで少しは見たとしてもすぐそっぽを向くでしょう。こうした場合、愛情をかけて優しい態度でしっかりと接すればまだまだ軌道修正をすることは可能です。

ペットの機嫌を取るのです。そうしてあげれば、名前を呼んでくれたらまたたっぷりの愛情をかけてくれるだろうとわかってくるので、呼んで無視をすることなどほぼなくなるでしょう。飼い主とペットの間で良い関係が築ければきっと無視をされることなどなくなるはずです。