ペットの気持ちがわかれば良い関係が作れる

ペットの気持ちガイド ペットの気持ちがわかれば良い関係が作れる

ペットの気持ちがよくわかるようになればいいと思ったことはありませんか?毎日思っていると思った方は、ペットのことを本当に家族のように思われているんですね。

人間と動物だからわかるはずがないと思うかもしれませんが実はわかるのです。

気持ちはわかろうとすれば実はよくわかるペットたち

人間だろうが相手が動物だろうと、気持ちは実はわかろうとする気持ちが大事で、何らかのサインは出ているのでわかろうとすればわかるのです。

気持ちはわかろうとすれば実はよくわかるペットたち

ペットと会話ができたらいいなと思ったことがある人は、実はペットなりに飼い主に対して何らかのコミュニケーションを図っているはずです。

表情だったり、行動だったり、鳴いてみたり、どのようなコミュニケーションを取ってくるのか、それはペットによっても違います。しかしペットの気持ちを読取ろうと、飼い主が、気持ちをわかろうとしてあげれば、きっと良い関係が過ごせるようになります。人間と動物だから全くわからないということはありません。むしろ人間と動物でもわかるのです。

ペットがいたずらする時の気持ちが知りたいと思っている人は多い

気持ちを知るときにダントツで多いのは、なぜ飼い主を困らせるのか、なぜいたずらをするのかということです。

ペットがいたずらする時の気持ちが知りたいと思っている人は多い

飼い主が困るような事を知っていてなぜあえてするのか、その理由を知りたいと思っている人は多いでしょう。

飼い主が仕事や学校、外出先から帰ってくれば喜んでくれるペットは多いでしょう。ですが、いつもと違う対応だったり、落ち着きがない、ちょっと行動がおかしいと思えることもあります。

そのようなときに、家の中に入っていくと、いつもはトイレでちゃんとおしっこをしてくれているので、別の場所でいていたり、食べ物やゴミ箱がひっくりかえされているということはありませんか?

なぜ飼い主を困らせるようなことをあえてするのかと怒りたくなりますよね。でもこれもちゃんと気持ちがあって起こした行動なのです。

ペットがいたずらをするのにもちゃんと理由がある

なにも理由もなしにいつもと違う場所でおしっこをしているわけではありませんし、なにも理由もなしに飼い主を困らせようなどと思っていないのです。

ペットがいたずらをするのにもちゃんと理由がある

これにもちゃんと理由があって、例えば、ひとりで家にいたから寂しかった、不安だったという気持ちの表れだったと言えるでしょう。

ちゃんと留守番することに対してなれていて、信頼関係ができていればそのような行動には出ないこともわかっています。

絶対に外へ行っても帰ってくるとわかっていれば不安な気持ちになったり、飼い主を困らせるようなことをしようなどと思わないのです。不安が強いから困らせるようなことをして不安の解消をしているといってもいいでしょう。

言い換えれば日ごろから信頼関係ができていて、ちゃんと留守番をしていても飼い主が戻ってくるとわかっていればこのような行動には出ないと言えるのです。不安を解消したいから出ている行動だと理解してあげましょう。

甘やかして育てているといたずらするペットに育つ

不安が強いといたずらをする、飼い主を困らせてしまうようなペットは言い換えると、甘やかして育てているといってもいいでしょう。

甘やかして育てているといたずらするペットに育つ

甘やかして育てられたペットというのは、どうしてもいたずらしやすいと言われているので、日頃からのしつけには十分に注意すべきでしょう。

しつけをするときも単に自分がされたくないからと頭ごなしに怒るのではありません。ちゃんと意味があるはずですので、ペットが起こした行動を振り返り、なぜペットはこのような行動をしたのかと冷静に振り返ることが大事です。

The recommendation site
ペトミルコ
かわいい愛犬やにゃんこのためのサイトです。必要な人気商品を随時取り揃えております!

日ごろから甘やかして育てていて、躾もあまりしていなかったのに、いたずらしたときだけ頭ごなしに怒っていたのでは、飼い主とペットとの間に師弟関係どころか、信頼関係すら生まれません。それでは次々に問題行動を起こしてしまう可能性が高いですので、しっかりと注意しなければいけないでしょう。